ゴッドイーター オフィシャルウェブ

CONTENTS

  • «
  • »

第6回 グッズ制作の裏側

『GOD EATER RESONANT OPS』のアリサと『GOD EATER』のシオが初めてスケールフィギュアとして登場。


板倉 耕一
株式会社バンダイナムコスタジオ所属。
第一作「GOD EATER」の立ち上げからアートディレクターとしてシリーズに携わる。
キャラクターのほかアラガミなどの主要要素のデザインも担当。

君島 みゆき
株式会社バンダイナムコエンターテインメント所属。
「GOD EATER」等のライセンス窓口を担当。イベントやグッズ展開などに携わる。

宇田川 正輝
株式会社ウイング所属。
フィギュアの企画から生産までを行う。
「GOD EATER」では「1/8スケールフィギュア シオ」の企画・開発を担当。

中野 裕貴
株式会社ピーエムオフィスエー所属。
フィギュアなどの模型製造を行う。
「GOD EATER」では「1/7スケールフィギュア アリサ・イリーニチナ・アミエーラ[Ver.GOD EATER RESONANT OPS]」の企画/開発を担当。



――今回は「GOD EATER」シリーズの“グッズ”をテーマに、そのなかでも発売を控えているシオとアリサのフィギュアにフォーカスを当てて掘り下げていければと思います。まず始めに、フィギュアも含めてさまざまなグッズを作られる際にどのようなことを意識されているのかお聞かせください。
君島さん
「GOD EATER」シリーズは歴史もあり、初代『GOD EATER』からずっと作品を好きでいてくださる方から、新しくファンになっていただいた方までさまざまなお客様がいます。そのなかで市場の流行を意識しながら、造形映えするデザインを活かしたフィギュアの企画や、世界観の掘り下げに対する需要を見越したコミック企画など、そうしたさまざまなポイントを決めて、各メーカーの皆さんと商品化に取り組んでいます。

板倉さん
監修においては、当然そのキャラクターの個性やデザインがしっかりと表現できているかという点は大切にしています。フィギュアでいうと、さまざまな角度から観賞できるのが大きな特徴だと思いますので、あらゆる角度から楽しめるポーズになっているかを念入りに確認しております。

続きはログインしてご覧ください。

CONTENTS TOP