ゴッドイーター オフィシャルウェブ

CONTENTS

  • «
  • »

「GOD EATER ONLINE」が帰ってくる!
ストーリーノベル 第九章

「GOD EATER ONLINE」 STORY NOVEL ~9章-1話~

 ネブカドネザルとの戦いは、本当に長いものだった。
 勿論、姿を消していることのほうが多い相手だ。単純な交戦機会や対峙した時間で見れば、短い付き合いなのかもしれないが……
 初めてヤツと出会ってから今日この時に至るまで、ヤツは俺たちの心の中に、様々な形で深い爪痕を残してきた。
 ヤツに殺されかけたことは、一度や二度ではない。
 王族であることに拘っていたレイラのプライドを引き裂き、スタンドプレーに走りがちだったリュウに生まれて初めての恐怖を与え、支部最強のゴッドイーターであるゴドーを幾度となくピンチに追いやった。
 そしてヤツとの戦いの中で、俺たちはマリアを喪った。
 ……ネブカドネザルとの戦いの記憶は、マリアがいなくなってからの、俺の全てでもあった。
「マリア、やったぞ」
 ゴドーは淡々と、マリアの名が記された墓石に語り掛ける。
「あなたの勇敢な行為がヒマラヤ支部を守ったのです。どうか誇りに思ってください」
「まだ戦いは続きますからね。見守っていてください、マリアさん」
 レイラとリュウも続けて、優しく落ち着いた声色で彼女に言った。
 二人の表情はどこか寂しげではあったが、そこに悲壮感はない。
「君の弟は、立派に戦っている。どうか安心してほしい」
 クロエは胸に手を当ててそう口にした。
 そのまま彼女は、俺に墓の前を譲ってくれる。
 前に進み出ると、皆が俺のほうに視線を向けた。
 そこで俺は、はじめて何も言葉を用意していなかったことに気づく。
「……」
 そもそも俺は、彼女に何を言うべきなのだろう。
 仇を討ったという表現は適切ではない。あの時、マリアを喪った本当の理由は、俺が神機を手に取ったことだ。
 それから俺は、ネブカドネザルの姿を追いはじめた。
 当時まだ、行方不明扱いだったマリアの手がかりを得るために。そして彼女の居場所だった、ヒマラヤ支部を守るために。
 なら、今は……? 今の俺は、なんのために戦っている?
 ネブカドネザルを倒して……何が変わった?
「……まだ、これからだ」
 そこまで考えて、ようやく思い至る。
 この世にアラガミがいる限り、何も変わることはない。
 あの日、マリアが俺を守ってくれたように、俺もこの力で、仲間たちのことを守っていきたい。
 俺たちの戦いはまだ終わらない。
 やがて最期を迎えるその瞬間まで……俺は生きるために、そして守るために戦い続ける。
「そうです。先は長いですからね」
 俺の言葉にリュウが深く頷いた。
 そのやり取りを見ながら、ゴドーが口角を薄っすらと上げる。
「だが、いい報告ができた。マリアも喜んでくれるだろう」
「ええ」
「はい!」
「では、我々は業務に戻るとしよう。……隊長補佐、君はもう少しここにいたまえ」
 クロエは小さく笑みを浮かべながら、こちらに向けて目配せしてくる。
 どうやら、気を遣われているらしい。
「……ありがとうございます」
 必要ないと断ろうかとも思ったが、一つ確かめておきたいこともあった。
 俺の言葉を合図に、皆は先に墓地を去っていった。

「……………」
 そうして誰もいなくなったその場所で、改めて彼女の名が刻まれた石碑を見つめる。
 墓石の下にマリアはいない。
 分かっているつもりだが、それでもそこに立つと、気持ちが和らぐような気がした。
 どのぐらいの時間、そうしていたか。
 背後に気配を感じて振り返ると、そこに慣れ親しんだ彼女の姿がある。
「あの、このタイミングで出てきてよろしかったでしょうか……?」
「……ああ」
 マリアではない。
 その証拠に、彼女が口元に湛えていた、柔らかな微笑はそこにはない。
 しかし、無表情という訳でもない。彼女はおずおずと窺うように俺を見ていた
 先日の一件から、彼女に異変が起きているのは明白だった。
 しかし、元の彼女を知る人がいない以上、その変化を周囲に伝える術もない。
 だからまずは、俺が知って、受け止めるべきだろう。彼女がどう変化したのか……
「ネブカドネザルを捕喰して、その後ずっと……変なんです」
「……そうだな。まずその口調がすでに――」
 そう指摘すると、責めている訳でもないのに彼女は縮こまる。
「変、ですよね。分かります、分かるんですけど……分からないです」
 伏し目がちに、瞳を揺らしながらリマリアは言う。
「今まで何もなかったところに、何かがあるというか……これは一体……?」
 リマリアは呟き、不安げな瞳を俺に向ける。
 それがどういうことなのか……彼女が何に変化したのか。
 なんとなくだが、答えは分かる。
 俺は彼女に諭すように、落ち着いた口調で告げる。
「……それはきっと、想いだ」
「想い……私は今、想いを抱いているのですか?」
「ああ。リマリアは恐らく、感情を手に入れたんだ」
 それほど意外なことでもなかった。
 クベーラを捕喰した頃から、彼女が人間に見えることは何度もあった。
 そうした素養が、ネブカドネザルの捕喰によって一気に開花したのだろう。
「感情、を……」
 すんなり受け入れることは難しいらしく、リマリアは自身の腕を抱き、憂いの表情を浮かべている。
 そうしながら、確かめるように言葉を重ねていく。
「思考ではないのです。何かがゆらゆらとしていて、不安定、風に吹かれた木の葉のようで……」
 リマリアはだんだんと俯きがちになり、そのまま口を閉ざそうとする。
「ため込もうとするな。……そういう気持ちを抱え込むのは、よくない」
 俺も最近、そういうことがあったはずだ。
 それこそリマリアと出会ってから……そうだ。
 リマリアとマリアを同一視する自分を嫌悪して、彼女に当たってしまったことがある。
「では、どうすれば……?」
「それは……そうだな。とにかく一度、吐き出してみることだ」
「吐き出せばいいのですか? でも、このよく分からないものをどうやって出すのか分からなくて……」
「分からないもの、か……」
 どうやらリマリアは、根っこのところで誤解しているみたいだが、どう言えばそれが彼女に伝わるのか……
 俺は考えながら、言葉を紡いでいく。
「そもそも、想いは言葉だけで伝えるものじゃないんだ」
「えっ……言葉じゃなくても、いいのですか?」
 よほど意外だったのか、リマリアは目を丸くしてこちらを見る。
 俺はゆっくり頷くと、なんとか次の言葉を探す。
「人は生まれてすぐは喋れない。それでも感情や想いを、表現しようとする。……泣いたり喚いたり、言葉にならない音でも発して、伝えようとするんだ」
「……」
「だから、リマリアもそうすればいい」
「伝える……表現する……言葉じゃなくて……」
 俺のおぼつかない説明を、リマリアは真摯に受け止めようとしていた。
「やれそうか……?」
「やってみます」
 リマリアは意気込み、自らの胸に手を当てる。
 そしてそのまま、胸の奥から想いを引き出し、それを吐き出す。
「では、はい……」
 リマリアは息を吸い込み、それを慣れない様子で吐き出す。

「はぁ……」

 リマリアが表現したのは、なんてことはない、小さなため息だった。
「私の想いが、分かりましたか……?」
 リマリアに視線を向けられ、俺は頷く。
「不安、か……?」
「あ……!」
 俺の答えを聞くと、リマリアは大きく目を見開いた。
 そんな彼女を安心させるため、俺はもう一度、今度は力強く頷いて見せる。
「ああ、伝わってる」
「あ……」
 俺の言葉を聞いたリマリアは、あどけない笑みをこちらに見せた。
「伝わるんですね、これだけで……」
 そう口にして、もう一度深く息を吐く。
 しかし今度のため息からは、不安はほとんど感じなかった。
「少しは落ち着いたか?」
「はい。風が、そよ風になったぐらいには」
「それなら良かった」
 リマリアの言葉に頷くと、俺は今度こそ支部に戻ることにした。

 そうして足を運ばせながら、考える……
 リマリアに起こった新たな変化。
 これはやはり、ネブカドネザルを捕喰したことによる進化なのだろうか。
 リマリアが全くの別物になったとも感じないが……この変化は、何をもたらしていくのだろう。
 ……俺は最後に、もう一度だけ彼女の墓に目を向けた。

この続きは会員限定です。


CONTENTS TOP