ゴッドイーター オフィシャルウェブ

CONTENTS

  • «
  • »

「GOD EATER ONLINE」が帰ってくる!
ストーリーノベル 第八章

「GOD EATER ONLINE」 STORY NOVEL ~8章-1話~

「来たか、ゴドー君」
 扉を開くと、クロエは席に着いたまま俺を見た。
 人払いがされているのか、作戦司令室の中には彼女の他に人の姿は見当たらない。
 それを確認してから、部屋の奥へと歩みを進めた。
 二人きりであれば、礼節をもって接する必要もない。俺は見下ろすように彼女の前に立った。
「何の用だ?」
「なに……君と少し、話をしておきたくてな」
 クロエはいつもの冷淡な調子でそう口にする。
 そのまま青い双眸が、真っ直ぐにこちらを捉えた。
「クベーラの討伐が成功した今、次のターゲットはネブカドネザルだ」
「そうなるな」
 頷き、その先の用件について先読みして答える。
「対策はまだ完成していない。ヤツの能力には解明できていない部分が多すぎる」
「それは承知している。研究はどの程度進んでいる?」
「まだ交戦回数が少なく、判断材料が乏しい。その時も活躍なさったのは支部長殿だったわけで」
 俺の言い方が気になったのか、彼女は笑みを浮かべてみせる。
「邪魔をしたか?」
「冗談がお上手で。あれ以上の勝ち筋はなかった」
 嘘はついていない。
 が、それで誤魔化せるほど、聞き分けのいい人物でもないか。
「……いい機会なので訊いておこう。君から見て、支部長としての私はどうか?」
 切れ長の、凍てつくような視線が俺に向けられる。
 探りを入れてきているのは明白だが、突然の話題には困惑するのが常道か。
「支部長としてであれば……危なっかしいと申し上げておこう」
「頼りないか?」
 場を濁すような俺の答えに対し、追い打ちをかけるようにクロエが続けた。
 言葉だけを聞けば『不安を抱えて部下に縋りつく新米支部長』と言ったところだが、目の前にいるのはそう可愛げのある人物でもない。
 彼女の眼差しからは微塵の迷いも感じない。自身の流儀を通せると、初めから確信している。
「そうだな……」
 俺はわざとらしく、顎に手を当て考える仕草をしてみせた。
「支部を統括するだけでなく中国、ロシアとの交渉に、レイラの指導、クベーラの研究も同時進行させ、ネブカドネザルにヘリで突っ込む……」
 つらつらと彼女の功績を並べていけば、クロエはわずかに苦笑してみせた。
「働きすぎだ。実に、危なっかしい」
 彼女がオーバーワークだと感じているのは事実だ。
 これだけ多くのことをやってのけながら、疲れた顔一つ見せないなど、異常と言ってもいい。
 そうでなくとも、実に肩が凝りそうな生き方だ。……少なくとも俺は御免被りたい。
「君も支部長代理時代はずいぶん働いていたようだが?」
 反論はすぐに帰ってきた。
 鋭い指摘に、今度は俺が苦笑させられる番だ。
「支部長業務はほどほどにしていたつもりですがね」
「確かに、支部長業務は、な」
 そう言って、クロエはじっと俺の目を見据える。
 全て見透かすような視線だが……本当にそうなら、わざわざ尋ねてはこないだろう。見え見えの詮索に、付き合ってやる理由はない。
「支部長ともなれば、伏せねばならんことも、二つや三つはある」
 この言葉は、以前彼女が口にしたものだ。
「そうだな」
 それが分からない彼女でもない。
「……」
 俺とクロエはしばし、無言のまま視線をぶつけ合っていたが、これ以上続けたところで互いに新たな情報を得られることもないだろう。
 分かったことと言えば……今も互いのことを疑っているということくらいか。
 俺が早々に視線を外すと、クロエもすぐにそれを察した。
 互いに姿勢を変えて、本題に戻る。
「……ネブカドネザルはやれそうか?」
「いける手応えはある」
 今度は言葉を濁しはせず、彼女が望む言葉を口にしてやる。
 だが――
「ただし……条件がある」
 その代わり、譲歩した以上は遠慮もしない。彼女にも協力してもらう必要がある。
「何だ?」
 そう言って俺を見上げた彼女に迫り、その唇の傍に指を突きつける。
 虚を突かれたような彼女に向けて、俺は唇の端を歪めてみせた。
「こういうことだ」

この続きは会員限定です。


CONTENTS TOP