ゴッドイーター オフィシャルウェブ

CONTENTS

  • «

「GOD EATER ONLINE」が帰ってくる!
ストーリーノベル 第七章

「GOD EATER ONLINE」 STORY NOVEL ~7章-1話~

 先日のネブカドネザルとの交戦以降、支部の雰囲気は最悪だった。
 広場の隣を通ってみても、明るい声は一つも聞こえてこない。
 つい数日前までは、他支部との交流などもあってかなり賑わっていたのだが……
 それだけ先日のネブカドネザルとの交戦は、印象的に映っているのだろう。
 当然かもしれない。
 支部最強の神機使いゴドーと、彼が率いる俺たち第一部隊の敗走。
 これだけでも戦力不足のヒマラヤ支部を震え上がらせるには十分な情報だというのに、ネブカドネザルは神出鬼没で広範囲からアラガミを呼ぶ能力を持ち、単体でもゴドーと同等の能力がある上、しかも進化し続けている。
 正直、冗談としか思えないようなスペックだ。
 こんなものに対処しろと言うのだから、支部内で職員たちの暴動が起きていないことを、奇跡と呼ぶべきかもしれない。
「ネブカドネザルおよびクベーラ討伐を急がねばならないが、その前に一つ、早期解決が必要な問題が発生した」
 作戦司令室に集まった俺とゴドー、カリーナを前に、クロエは簡潔に本題を切り出す。
「中国支部との定期航空輸送便が撃墜されてしまったんです。巡行高度への高火力攻撃から、クベーラの仕業だと思われます」
 クロエの説明を引き継いだカリーナが、深刻な声色でそう告げる。
「クベーラが……」
 ネブカドネザルに並ぶ、もう一つの脅威が動き出した。
 その報告に、俺は思わず頭を抱えたくなる。
「中国との空輸ルートは一旦止めることになる。対応を急がねばならないのは北、ロシア方面の空路維持だ」
「両方同時に中断となれば、また孤立状態に逆戻りか」
 困ったものだと、ゴドーがかぶりを振る。
「孤立しても支部のライフラインは維持できるが、両支部との繋がりを同時に失うのは避けたい」
 ゴドーとクロエは淡々と言葉を並べていく。
 その一つ一つが、支部の未来を左右する非常に重たいものだった。
 今は少しでも、他支部にヒマラヤ支部の有用性をアピールしておきたい時期だ。
 後々のことを考えれば、対等な交渉相手だと見られておく必要もあるだろう。
 だというのに……支部周辺のアラガミも自力で片づけられないと烙印を押されれば、二度と交渉の席に立てなくなるかもしれない。
「それで、空路維持と言ったか? 具体的に、俺たちに何をさせるつもりだ?」
 ゴドーの言葉に対し、クロエは目線でカリーナに説明を促す。
「支部の北側、ロシア方面を偵察部隊が調査したところ、山中にウロヴォロスが複数、確認できています!」
「ということだ」
「……まったく。平原の覇者と言われるウロヴォロスがまたしても複数出るとはな」
 クロエの言葉を聞いて、ゴドーが深々とため息を吐く。
 クベーラを除けば、俺が知る限り最大サイズのアラガミだ。
 それがまた、複数体……アラガミ増加の影響はいよいよ深刻だ。
 あまり真剣に取り合っていると気が狂いそうになる。
「的が大きいのは、悪いことばかりではない。ウロヴォロスを最優先で叩き、ロシア支部に安全をアピールしたい」
「なるほど……」
 あれだけ巨大な体躯の持ち主だ。敵と見れば脅威だが、倒せたときの見返りも大きい。他支部にヒマラヤ支部の力を見せつける、絶好の機会でもある訳だ。
「…………」
 俺としても、ウロヴォロスを倒すことには個人的な意義を感じている。
 つい先日。ネブカドネザルは複数体のウロヴォロスを呼び寄せ、それを軽々と捕喰した。
 だったら俺も、同じことを軽くこなせる必要がある。
 ネブカドネザルの討伐は、俺が果たすべきことなのだから。
「計画はすでに立案済みだ。諸君の健闘に期待する」
「ネブカドネザルとクベーラが絡まなければいいが、遭遇した場合はどうする?」
「撤退だ。あれらとは万全の態勢で戦いたい」
 懸念を口にするゴドーに対し、クロエはきっぱりと答えた。
「承知した。……また君と逃げ惑うことになるかもな」
 ゴドーはそう言って、肩をすくめてみせる。
 できれば遠慮したい展開だが、それを許してくれる相手じゃないのは重々承知している。
「クベーラはともかく、ネブカドネザルですよね。レーダーでは発見できませんし……」
 カリーナが心配そうに眉を下げる。
「最大限の注意を払うしかない。……せめて神機さんが感知できればな」
「感知は継続します」
「感知は継続します、とのことです」
 一拍置いて、彼女の発言を繰り返す。
 現状では気休めにもならない言葉だったが、それでもゴドーはしっかり頷いてみせる。
「頼むぞ。……出撃する!」
 ゴドーは俺たちを引き連れて、ヘリポートへと足を向けるのだった。

この続きは会員限定です。


CONTENTS TOP