ゴッドイーター オフィシャルファンクラブメンバーズ

CONTENTS

  • «

「GOD EATER ONLINE」が帰ってくる!
ストーリーノベル 第六章

「GOD EATER ONLINE」 STORY NOVEL ~6章-1話~

「支部の体制もあらかた仕上がってきた。そこで、次の段階としてロシア、中国支部との交渉に着手したことを報告しておく」
 整列する俺たちを順に睥睨しながら、クロエは話した。
「どちらも、まずは民間の交流からということになった」
 彼女の発言の意味を理解すると、集められた隊員たちはにわかにざわめき立つ。
 他支部との交渉が始まる……
 周囲から完全に孤立していた俺たちにとって、大きな意味を持つ話題だ。
 しかし、こうした大きな変化には混乱も付きまとうものだ。
「ですが、どうして民間からなのです?」
 司令室が騒がしくなってきたところで、レイラがよく通る声で尋ねた。
 それにゴドーが、薄笑いを浮かべながら答えてみせる。
「支部自体が動けばフェンリル本部に目を付けられる。それは避けたい訳だ」
 実際、ヒマラヤ支部が選んだのは『そういう道』だ。
 ヒマラヤ支部はすでに、フェンリル本部からはないものとして扱われている。
 そんな『あるはずのない支部』が存在し、他支部とつながって大きな力をつけてくことが、本部の目にどう映るか……そんなことは考えるまでもない。
 だがそれでも、俺たちが生き残るためには、他に選べる手段もない。
 しばらくは本部から隠れつつ、地中に根を張る必要がある訳だ。
「……とはいえ、輸送機を飛ばす訳だから、支部の関与は否定できないのだがな」
 笑いながら言ったのはクロエだ。
 自虐的にも、挑発的にも見える発言だった。
 どうやら俺たちは、すでにクロエの舵取りによって、危険な航路を進みはじめているらしい。
 リスクを恐れて、その場で飢え死にするよりはずっといいが……
「ロシアはあなたの古巣だからやりやすいでしょうけど、中国のほうはどうなのです?」
「意外にも中国のほうが面白い反応でな。民間の商業活動が活発なせいか、すでにこちらの状況を知っている者や、通商許可を欲しがる者もいる」
 その軽快な口調に、クロエ自身も中国の反応に興味を示している様子が見て取れた。
 彼女の言葉に続き、リュウが補足するように口を開く。
「中国支部はフェンリルの統制が万全ではなく、民間の力が強いんですよ」
「そうなのですか?」
「まあね……」
 リュウは皮肉の一つもこぼさず、目を背けながらそう言った。
 この辺りの話は、以前にも彼から聞いたことがある。
 闇の市場でアラガミ素材が取引されていることや、反フェンリルの住民が多いことなど……
 なるほど。そうした連中にしてみれば、フェンリルから孤立し支援を求めるヒマラヤ支部は、降って湧いた飯の種という訳だ。
 当然、リュウにしてみれば面白くない話だろう。
 ヒマラヤ支部は今、彼や彼の家族たちを傷つけてきた連中の力を借りようとしているのだから。
「活気があるのはいいことだ。本部と関係が良くないこちらとしても、やりやすい」
「……そうですね」
 クロエの言葉に、リュウは形だけの首肯をしてみせた。
 それを気にしたのかどうか……不意にレイラがリュウに目を向けた。
「民間といえば、ホーオーカンパニーは動かないの?」
「……フェンリルに睨まれるとまずいからな。表立ってヒマラヤとのパイプを持つことは避けるさ。いざとなれば僕と直接交渉できるし、今は様子見ってところだろう」
「関係を深めるには時間がかかる。息子もいるし、慌てるまでもないと」
 リュウの返答に、ゴドーが納得した様子で頷き返す。
 しかし、現在ホーオーカンパニーは、大きな経営不振に陥っていると聞く。
 そんな彼らが悠長に構え、みすみす商機を逃すだろうか。
 それとも悪い状況だからこそ、慎重に行動しているのか……
 ちらりとリュウのほうを窺ってみるが、その表情からは判断がつかない。
 いずれにせよ、その辺りは彼個人の問題だ。
 本人からも周囲には明かさないよう言われているし、あまり詮索すべきではないだろう。
「つまるところ、双方まだ手探り状態だといえる。交渉を有利にするためにも、支部の状況を改善しなくてはな」
 メンバーの討論を静かに眺めていたクロエが、場を締めるようにしてそう言った。
 彼女の言う通り、ヒマラヤ支部は辛うじて交渉の席につけただけだ。
 他の支部と渡り合っていくためには、まだまだ力が足りない。
 それができなければ……俺たちは喰われることになるのだろう。
 アラガミにではなく、人間に。
 周囲に交じって返事をしながら、俺は以前、リュウから聞いた言葉を思い出していた。
(アラガミよりも人間のほうが怖い……か)

この続きは会員限定です。


CONTENTS TOP