ゴッドイーター オフィシャルファンクラブメンバーズ

CONTENTS

  • «

「GOD EATER ONLINE」が帰ってくる!
ストーリーノベル 第五章

「GOD EATER ONLINE」 STORY NOVEL ~5章-1話~

「よーし、呼んでくれていいぞ、セイ!」
 ドロシーが弾んだ声で、俺にゴーサインを出す。
「どの辺ですか? この辺? この辺に出ます?」
「はぁ……どこに出ても同じでしょう。わたくしたちには見えないのですから」
 楽しげなカリーナたちの様子に対して、レイラは冷静な姿勢を崩さない。
 俺はそんな彼女たちの声を聞きつつ、神機に触れて目を閉じた。
 心の中で彼女に呼びかけると、白い髪をなびかせた女性がふわりと目の前に現れる。
 姿を現した彼女は、無機質な瞳をこちらに向けた。
「お呼びでしょうか」
「ああ……。彼女たちたっての希望でな」
「彼女たち……?」
 首を傾げた純白の女性に対し、俺は視線でレイラたちを見るよう促した。
 興味深そうにこちらを見ていたカリーナが口を開く。
「八神さん、今声の主さんがいるんですね?」
「はい。俺のすぐ隣に立っています」
「ほ、本当ですか? わー、全然分からないです」
 じっと目を凝らすカリーナの隣で、レイラは澄ました顔で腕を組んでいる。
「見えず聞こえず、触れず、です。その方は、隊長補佐を介してしか、言葉のやり取りができませんよ」
 すでに似たような場面を何度も経験しているためか、レイラは他二人に比べれば落ち着いている。
 しかし興味がない訳ではないようで、カリーナたちが囲んだその場所へ流し目を向けている。
「幽霊ってのが本当にいたら、こんな感じなんだろうな。なぁ、声の主さんは憑りついたり、呪ったりはしないのか?」
「そのような機能はありません」
 ドロシーの質問に対し、白髪の女性が即座に答える。
「それってつまり……機能があれば呪ったってこと?」
「必要があれば」
「……そこまでにしなさい。その手の話は不愉快よ」
 彼女の言葉をそのまま伝えていると、レイラにきつく睨まれた。
 質問も返答も、俺のものではないのだが……
「そっかそっか、レイラはこういう話が苦手なんだっけ?」
「なっ……苦手ではありません。くだらないと言っているだけです」
「まあまあ……オカルトじみた話はともかく、特にイヤな気配とかもないですし、安全、ということでいいんですよね?」
「……はい。問題ないと思います」
 少なくとも、彼女が俺に危害を加えたことは一度もない。
 しかし、どうしてそんなことを尋ねるのだろう。
「結局、ご用件はなんなのでしょうか」
「……分からない」
 それは俺も聞きたいところだった。
 ドロシーに捕まり、神機を持って来いと言われ、なし崩し的に彼女を呼び出すことになった。
 盛り上がる女性陣を前に、なんとなく居心地の悪さを感じていると、不意にドロシーがこちらを向いて宣言した。
「よーし! じゃ、マリア声の主さんを交えた、トークパーティの始まりだぜ!」
「わー! よろしくお願いしまーす!」
「トークパーティ……ですか?」
 俺との声がぴたりと重なる。
 トークパーティ……つまりは一般に女子会、ガールズトークと呼称されるものの類だろうか。
 つまり俺は、ドロシーが言うところの『マリア声の主さん』の召喚と通訳のためにここに呼び出されたらしい。
 ……十中八九、必要がなければ一生縁のなかった場面だろう。
(一体、どんな話をすればいいんだ? ……いや、主賓じゃないから黙っていればいいのか)
 とはいえ隣に立つ無表情な彼女が、楽しくトークパーティする姿も想像がつかない。
 パチパチと拍手をするカリーナの隣で、レイラが深い溜息をつく。
「成立するのかしら、これ……」
「成立するんじゃない。成立させるんだよ、隊長補佐がな!」
 ドロシーの腕がぐっと伸び、強引に俺の肩に回された。
 俺が成立させるのか? 司会進行やトークスキルの低さは、周知の事実だと思うのだが……
 そうして悩んでいると、それを察してか彼女が声をかけてくる。
「私は何をすればいいのでしょうか?」 
「……そうだな、彼女たちの質問に答えてあげてくれ」
「分かりました」
 苦し紛れにそう言うと、女性はすんなり頷いてくれた。
 丸投げするようで申し訳ないが、俺一人ではこの場を乗り切ることは不可能だ。
 ……それにしても彼女は、その姿こそマリアに近いが、どこまでも俺の言葉に従順だ。
(マリアなら、すんなり協力はしてくれなかっただろうな……)
 きっと成長を促すために、率先して俺が場を仕切るように仕向けただろう。
 この女性はマリアとは違い、俺の言うことに逆らわない。
 だからこそ浮き彫りになる。やはり彼女は、俺の家族とは別人なのだと。
「じゃあ、質問がある人から順番にどうぞ」
 俺がそう言うと、真っ先にドロシーが手を挙げた。
「はいはい! まず、これは訊きたかったんだけどさ、声の主さんとマリアって、どっちが美人さんなの?」
「えっ、いきなりそこ!?」
 真剣な表情で尋ねるドロシーに向け、カリーナが素っ頓狂な声を上げた。
 白髪の女性のほうを見ると、彼女は特に取り乱すこともなく、涼しげな表情をしたままだ。
 マリアと彼女のどちらが美人か……主観が入る分、どちらとも答えづらい問題だ。
 俺からすれば、ほとんど違いはないように感じるが……
「解答します。私の容姿は神機使用者の思考と、マリアのイメージで形成されました」
「……なんだって?」
 不味い反応をしてしまった。
 すぐに取り繕うが、すでにドロシーたちは眉をひそめてこちらを見ていた。
「隊長補佐、どうしたのさ?」
 黙っているとかえって怪しまれる。
 そう思った俺は、素直に彼女の言葉を繰り返した。
「その……彼女の見た目は、俺の思考と、俺の知るマリアのイメージから生まれたらしい」
「うん? 難しいことは分かんないけどさ……それって、あんたの好みが反映されてるってことか?」
「……っ!」
「ま、ま、ま、まさか……見えないのをいいことに、ドセクシーな姿をしているとか!?」
 カリーナは慌てた様子で、顔を赤くさせている。
「これはドセクシー、というものですか?」
 さらに白髪の女性からそう尋ねられて、俺は頭が痛くなった気がした。
 それから改めて、女性の姿を頭から足先まで確認してみる。
 黒と白の清楚なドレス、金色に輝く茨が絡みついた白い首筋やすらりと伸びた足。
 セクシーと言われれば、そうなのかもしれない。
 しかし、それでもはっきりと宣言させてもらいたい。
「……その姿は、ドセクシーではないと思う」
 誓って嘘ではない。
 容姿のベースが見慣れた人物であるせいか、色気というものは感じない。
 元のマリアより薄着に見えるのも、おそらく俺の気のせいだろう。
「そ、そうですかっ! いろいろ想像しちゃったじゃないですか……もう」
 カリーナは赤い顔を冷ますように、両手をパタパタと扇ぐ。
 そうしていると、レイラが大きく咳払いをした。
「……あの。まだ、この話を続けますか?」
 彼女は不機嫌そうに眉をひそめる。……だから、どうして俺を睨むんだ。

この続きは会員限定です。


CONTENTS TOP