ゴッドイーター オフィシャルウェブ

CONTENTS

  • «

「GOD EATER ONLINE」が帰ってくる!
ストーリーノベル 第十章

「GOD EATER ONLINE」 STORY NOVEL ~10章-1話~
 支部長室に呼ばれ、彼女から渡された報告書に目を通す。
「……アラガミが、増加傾向に転じたか」
「そうだ。まだ増加率はわずかだが、サテライト拠点建設への大きな障害となる」
 部屋の主は淡々と口にして、軽く目頭を押さえてみせた。
 どこか芝居がかった仕草に見えるが、彼女なら地でやっていてもおかしくはない。
 結局のところ、どれだけ苦心しようがこの支部長の本心を覗き見ることは適わないのだ。
「やれやれ……また悩みの種が増えるな」
 俺はため息をつき、改めて報告書の内容に目を向けた。
 拠点建設は、アラガミが減少してこそ本腰を入れて進めることができる。
 アラガミ討伐と建設の二方面作戦は、現状のヒマラヤ支部の戦力では、いずれ疲弊するのが目に見えている。
 どちらかを取らなければならないならば、今のヒマラヤ支部の安全確保が優先事項だ。必然的に、計画を考え直さざるを得ない。
「現にアラガミが増えはじめているのでな。目の前の問題を潰していくしかあるまい」
 彼女はよどみなく言葉を並べていく。
 完璧主義のきらいがある人物だ。俺が訪れるまでに、筋書きは組み終えていたのだろう。
「原因は特定されていない。本件への対応は……」
「俺がやる」
 だが、用意された筋書きに、従ってやる謂れはない。
「…………」
 クロエは黙ったまま、確かめるように俺を見た。
 その刺すように鋭く冷たい目の奥で、俺の発言をどう裁定すべきか考えているのだろう。
 やれやれ……あまり思慮深いのも考えものだな。
 彼女が物言わぬのをいいことに、俺は言葉を続けていく。
「クロエ支部長は他支部との交渉、サテライト拠点建設に専念を。対アラガミ案件は俺に任せてもらいたい。……どうだろうか、支部長殿」
 そこまで口にして、俺は今一度彼女に目を向けた。
「……妥当な提案だ」
 そう答えるしかないだろう。
 統率者が動きすぎる組織なんてものに、碌なものはない。
 上に立つ者に最も求められる資質は、組織の象徴足り得ることだ。
 半端な智慧や思想などは、下につく者からすれば邪魔でしかないし、ましてなんでも一人でやりたがり、部下から仕事を奪うような三流は、どんな人物だろうと組織にとっては癌でしかない。
 従って、支部長がどんなことでも好き勝手、陣頭に立って指揮を振るえる訳もない。
 その点については、彼女に同情してもいい。
 本来、支部長なんて肩書きは、俺や彼女のような独善的人種には、この世で最も不向きな立場と言ってもいいだろう。
「それでは、決定でよろしいか?」
 俺は改めて、その意思を確認するように問う。
 クロエは改めて頷いた……が――
「よろしい。が、一つだけいいか?」
「……何か?」
 聞き返した俺の声に、若干力がこもる。
 そのことに気付いたのは、俺だけではないだろう。
 クロエは俺をじっと見つめたまま、やがておもむろに口を開いた。
「サングラスというのは便利なものだな。次の中国支部との交渉で使ってみるか」
 あくまで淡々と言い放つ。
 まったく……どこまでも食えない御仁だ。
「ご所望とあれば、俺のを一つお貸ししよう。案外、良く見えるぞ」
「ふ……君のは遠慮しておこう。生憎と趣味ではないのでな」
 俺がとぼけて言うと、彼女は口角をわずかに上げた。
 どうやら、俺の冗談はあまりお気に召さなかった様子だ。
「それでは、失礼する」
 俺は軽く肩をすくめてから踵を返し、そのまま支部長室を後にした。

この続きは会員限定です。


CONTENTS TOP