ゴッドイーター オフィシャルファンクラブメンバーズ

CONTENTS

  • «
  • »

「GOD EATER ONLINE」が帰ってくる!
ストーリーノベル 第三章

「GOD EATER ONLINE」 STORY NOVEL ~3章-1話~

  身体が重くて動かない。
 目の前には、先の見えない深い闇だけが広がっている。俺はそれを、目を閉じることもできずにただ見続けているしかない。
 暗い闇の中を、ただじっと……何かを恐れるようにして、俺は見つめている。
 息苦しい。額を汗が伝う。
 世界は無音のようでもあり、どこからか獣の呻り声が、低く響いているようでもある。
 洞窟の中を生ぬるい風が通りすぎていくような、言いようのない不快さに包まれていた。
(俺は……夢を、見ているのか……)
 視界の隅を、白い何かが不意によぎった。
 この暗闇の中でもはっきりと見える、白い何か。
 俺はそれを追いかけた。足を踏み出す感覚。しかし、深い闇の中ではそこに自分の足があるのかも分からず、踏みつけた地面の感覚すらない。
 それでも、俺は先へ進まずにいられなかった。
 大事な何かを追いかけるように。微かに見えた、光に似た何かを追った。
 近づくほどに、それは輝きを増していき……やがてゆっくりとこちらを振り向く。
「……! ネブカド、ネザルッ!」
 憎むべき白毛のアラガミが目の前にいる。
 俺は神機を構えようとして、しかし闇の中、神機も手足も見つからない。
 光が急激に大きくなる。ネブカドネザルがこちらへ向けて跳んだのだ。
「はぁ……はぁ……」
 光に包まれる。白いそいつが、目の前に迫る。
「ハァ……ッ、ハァ……ッ!!」
 喰い殺される。また、何ひとつできないままに……
「――セイ」
 不意に、誰かに名前を呼ばれた気がした。
 とても懐かしくて、優しい声……
「大丈夫だよ……」
 白と紫の光の奔流。バチバチと、狂ったように色彩が飛び散る。俺の身体から何かが溢れ、螺旋を描いて彼女に飲み込まれる。
 身体が焼けるように熱くなる。俺と彼女が千切れて混ざり、一つになっていく。
 すでに恐怖は消えていた。感情の全てが失われていく。そのなかでただ、彼女を求める。
 白い髪の少女が無機質な表情で、こちらをじっと見つめていた。

「――!」
 唐突に意識が覚醒する。
 まどろみの余韻はなかった。白を基調とした天井をはっきり認識する。
(ここは……?)
 消毒液の匂いが鼻を突く。どうやら医務室にいるらしいが……
「目覚めたか」
 首を動かすと、ゴドーが備え付けの椅子に腰かけていた。
 彼は読んでいた書類を片付けながら、俺に淡々と語りかける。
「気分はどうだ?」
「問題ありません……快調です」
「そうか」
「その……何があったんですか? どうして俺は……」
 そう口にしながら、自分でも必死に記憶を手繰り寄せていく。
 つい先ほどまで、俺は任務を遂行していたはずだ。
 それがどうして、医務室のベッドに寝かされているのか。
「現場にいたリュウとレイラによると、ウロヴォロスの討伐後、ネブカドネザルの襲撃があったらしい」
「ネブカドネザル……」
 その名前を呟きながら、ゆっくりと記憶を紐解いていく。
 そうだ……ウロヴォロスを倒し、支部に戻ろうとした時。
 あの白毛のアラガミが襲来してきたんだ。
「しかし、君の神機が突如白と紫の光を放ち、ネブカドネザルは攻撃もせず去っていったという」
「そう……ですか」
 ゴドーの言葉を聞き、俺は深くため息をついていた。
 薄れていく意識の中で、『アラガミの退避を確認』という声を聞いた気がしていたが……どうやら間違いではなかったらしい。
「あの白毛のアラガミは普通のアラガミとは違う。まるで警戒心の強い猫のようだな」
「……はい」
 今回はその、ネブカドネザルの警戒心の高さに助けられた。
 あのまま襲われていれば、俺たちはヤツに殺されていただろう。
(それともあの光に、ヤツが恐れるほどの力が秘められているのか……)
「君の話に戻す。その場に倒れた君はリュウとレイラに運ばれ、支部に戻ってきた」
「…………」
「メディカルチェックでは特に異常もなく、栄養剤を打って寝かされていた……それだけだ」
 確かにあの時体を駆け巡った熱は、今はもうどこにも感じられない。
 異常がないというのは、本当のようだ。
「起きられるなら場所を変えよう。皆が待っている」
 背を向け、ゴドーが医務室を出ていこうとする。
 彼を追うために立ち上がると、俺は体の調子を確かめるために各部を動かすが……どこにも問題はないらしい。
 それどころか、ウロヴォロスとの戦いを考えれば、気味が悪いほどの快調だった。


この続きは会員限定です。


CONTENTS TOP